創立記念品を作成して歴史をPR

記念日は人だけにある事ではありません。

学校や企業もまた創立記念日があります。

日本には歴史が深い学校や企業が多々あり、長く継続している組織は世間的に大きく評価されます。

江戸時代の頃から継続している組織も実は少なくないです。

ただそれ程までいかなくても、地元で数十年以上にわたり、安定的にビジネスを営んでいるのであれば、創立記念日をアピールしても罰はありません。

灯台下暗しとはよく言ったものです。

案外地元の人々や若手スタッフの方が、企業が継続している年月を知らなかったりします。

本当は50年以上続いている老舗の中小企業なのに、その存在を知ってもらえていない事は組織の大きな損失です。

さっそく専門業者に相談して創立記念品を作成しましょう

ノベルティグッズではありませんが、創立記念品を社員や取引先の方々に配布すれば、良いアピールになります。

創立記念品は45年や50年など区切りの良いタイミングで作成するのが基本です。

カテゴリ一覧